読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が最高の肌を手に入れるまでの記録

混合肌理系評価エンジニアの美肌ブログ

評価する洗顔石鹸をピックアップ

洗顔料評価

こんにちは

今回は評価を行う洗顔石鹸ピックアップをしたいと思います。

 

◇まず関係ないけど石鹸の思い出

洗顔について色々調べるていくと改めて石鹸の良さを知る事が出来ました。

でも石鹸の経験って思い出すと小学校低学年以来使っていないので30年弱なんですよね。

今でもボディーソープとリンスの導入時の記憶は鮮明です。

父親が個人商店で見つけて「何それ!」という感じで私が興奮し親が購入してくれました。

わくわくで使い「すげー!」という感じで始めたと記憶してます。

ああ懐かしい幼少期の記憶です。平成生まれの方には共感が得られないんでしょうね。

それから30年弱経過しまさか戻って来るとは。

 

ピックアップするポイント

では石鹸をピックアップするポイントを書きます。

  1. まず続けられる値段(でも高価格帯の良さも知りたいんで背伸びした製品も1品入れます)
  2. 肌に優しい成分
  3. 比較的シンプルな成分構成
  4. 成分が明確
  5. 良好な商品レビュー
  6. ネットでも買える

◇値段とは?

値段って最も重要ですね(笑)前にも書きましたが1個5,000円の物もある世界で

もし良いものでも自分が継続出来なければ評価の意味が無いですよね。

まあ安過ぎても怪しんで価格の許容範囲としては1個100円~900円ってところではないでしょうか?

私貧乏性なんで皆さんの価値観と異なっていたらゴメンナサイ。

 

◇肌に優しい成分とは?

成分はオリーブオイルや馬油等のオレイン酸系が良いみたいなのでそれ系を選びます。

これ前回本のレビューした"かずのすけさん"の受売りです。

でも色々なレビューやHPを見ると確かにその意見多いんですよね。

取り敢えず信じます!

でも油種って意外と分かり難いんですよね。

成分表でも石鹸素地と書かれると一体何の油種を使ったのか分からず使い心地の推定が出来ないし。

なので別途説明文に書いていれば良いですけどね。

 

◇比較的シンプルな成分構成とは?

化粧水や美容液であれば液体且つ肌に残るので有効成分、防腐剤、増粘剤、着色料等20種位の成分が入っているのは理解出来るのですが石鹸は基本固形で洗い流すだけで20種入っているのは理解出来ません。

なので極力シンプルな物を選びたいです。

 

◇成分が明確とは?

基本的に情報はネットで全て得るんですが成分が不明な石鹸って多いです。

なので成分説明がちょんとしている物を選びます。

 

◇良好な商品レビューとは?

@cosmeこれ曲者です。コメントの評価が7点満点なのですが良い物でも3点付けたり人がいたり、たった二行で酷評したり、絶賛したり。つっこみどころ満載です。

慣れてくるとそういうコメントは見なくなるんですがそれでも怪しんでまだAmazonレビューの方が信頼出来ます。

なのでAmazonで色々良い物調べます。

 

◇ネットでも買えるとは?

私が住んでいる場所が田舎なので石鹸を多種取り揃えているお店がありません。

出来れば手に取り選びたいんですがそれは出来ないので基本全てネット頼りです。

なので基本Amazonで買えればベストですね。

 

◇で結局何評価するのよ!

長々と色々書いちゃいましたがこれら評価します。

f:id:papann555:20170304190356j:plain

めちゃめちゃ普通ですかね?でも画像には無いお高級な石鹸も一つあります。

お高級と言っても1個1,300円位なんですけどね。貧乏性でスンマセン!

では次回から軽く評価していきたいと思います。

 

ついでにHatenaBlogで今週のお題がカラオケの十八番は?

と言うお題に対し、今歌いたいのはミスチルの"es"です。

でもこれ歌ってもまわりの反応はイマイチですけどね好きです。

ではでは