読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が最高の肌を手に入れるまでの記録

混合肌理系評価エンジニアの美肌ブログ

間違いだらけの化粧品選び自分史上最高の美肌づくりを読む

以前にかずのすけさんの著書"化学者が美肌コスメを選んだら…"を読みレビューしましたが、その後なんか気持ちが消化不良になり、その本以前に出した本に著者の言いたい事が書いているのではないか?と思い著者処女作である"間違いだらけの化粧品選び 自分史上最高の美肌づくり"を購入しましたのでレビューします。

f:id:papann555:20170311230244j:plain

この本を簡単に表現すると

かずのすけさんの誠意の凝縮本だと思います。

実はこのブログを進めるにあたり、肌と用品については深く惑わされぬ様均等に知る為、スキンケア本を10冊購入しこの本や前作を入れると4冊読みましたが、ここまで深く説得力がある本は無いです。(他著は有名な皮膚科医や専門家等ありますが、ありふれた知識で説得力は無く著者の熱量が無い本でした)

ネット情報は本より情報が薄い為ネット情報も含め凄い情報かと思います。

この本を信用し話を進めますと以下が印象的です。

  • 基礎化粧品業界の腐敗。
  • 基礎化粧品のプロはいないという現実
  • 一般使用者のイメージと成分効果の乖離
  • 美白化粧品のリスク大の真実
  • 序者自身のスキンケア理論

内容はとても濃いです。私は理系脳ですが、化学の知識が無かった為理解しながら読むのはチョット困難でした。

これでは女性は読み難いかと思います。多分うちの奥さんは文系脳なので全体の1/3程度で寝るでしょう。これ確実です。でもそれでも読んでほしいですね。

 

この本で一点気になった事があります。

化粧品はOEM製造が多いという内容があり業界の実情を記載していましたがこれは製造業では普通の事です。ラインナップの充実。新規製造ラインの投資の必要無い事によるこれは単に暴露だけなんではないでしょうか?これについては著者が知っている情報を開示する事で読者を引き付けるだけの文章なのかな?と思いました。

 

ただ、かずのすけさんの「正しい情報を伝えたい!」という熱意が伝わる良書です。

化粧品メーカー、美容部員(販売員)、美容師には不都合な情報ばかりですが、この情報が一般的な基礎知識となり、正しい目で用品を選べればメーカーも対処が必要となり誠実な製品作りになる事が望まれる事が望ましい未来かと思います。

 

決してこんな超弱小ブログがステマの必要はありませんが

10年後の自分に投資すると考えれば本代1300円くらいは十分意味ある投資かと思います。

 

以降の評価についてはちょっとかずのすけさん推奨のものが入ってきますがそこについてはご容赦願います。

 

ではでは。