僕が最高の肌を手に入れるまでの記録

混合肌理系評価エンジニアの美肌ブログ

池田さんのさくら蜜石鹸の初期レビュー

こんにちは

 

洗顔料編の評価まだまだ続けますよ。

今回はAmazonで買えるもので評価したいと思います。

製品名は"池田さんのさくら蜜石鹸"です。

f:id:papann555:20170619015942p:plain

ネオナチュラル 池田さんのさくら蜜石鹸 105g

 

商品説明

今回も近所のドラッグストアで買えるものでは無いです。

もしかしたら都会の東急ハンズやロフトにも置いていないかもしれません。

お値段は105mlで1,502円です。お、お高い!

以前評価したカウブランドの赤箱の約15倍、マルセイユ石鹸の約3倍します。

私からすればこれを使うのはもう貴族ですよ。

だって石鹸1個でランチ2回行けるんすよ。

恐ろしい石鹸です。

 

まあ洗顔料、石鹸の金額は青天井なんでこの金額位の石鹸なんてゴロゴロしていますがいざ買うとなると怖くなります。

 

という事で試しに少量サイズのセット品を購入しました

これなら評価期間であれば量は十分でワンコイン以内で買えます。

こういうのは嬉しいですね。 

 

では何故この製品を選んだかという事ですが単純です。

ゲテモノ食い池田さんに興味を抱いたからです。

f:id:papann555:20170619011245p:plain

???と思ったあなた。焦らないで下さい。

池田さんいや、大先輩だけど親しみを込めてイケダちゃんと言わせて下さい。

イケダちゃん石鹸職人で品質チェックを行うんですけどその品質を確認する際味見して品質の見極めを行うんです。

え゛!?てっ感じですよね。

池田さん試食

これがHPにあった味見の画像ですが本当に食べてます。

石鹸なんで苛性ソーダを入れた後に試食するなんてクレイジーです。

鹸化して苛性ソーダは劇物では無くなっても石鹸なんで界面活性剤ですよ。

「自然素材なんで安心ですよ」アピールなんでしょうけど、やっぱイケダちゃんクレイジーだよ。

 

HPに詳細は書いてますが、自然素材のバラつきを調整する為味覚が最も適しているとの事で、深夜このHP見た私は「イケダちゃんカッコイイ!」と職人肌的な部分に憧れを抱きポチッたわけですが、よくよく冷静に考えてみると他に手段無かったんだろうか?と思ってしまったのは内緒です。

池田さんの工房【石鹸の作り方】 国産オーガニックコスメ ネオナチュラル [公式]

 

成分表確認

成分は以下の様な記載です。

 馬油石けん素地、水、グラニュー糖、グリセリンエタノール、桜蜂蜜、蒸留竹酢液、海塩、桧油

f:id:papann555:20170619020126p:plain

 

一応馬油が専門に扱うブランドで成分違いで数種類の石鹸をラインナップしていますが全て馬油が入ってます。

ラニュー糖、グリセリン、桜蜂蜜が保湿成分と思われ、

蒸留竹酢液、桧油が防腐成分なんでしょうね。

私は自然成分を信頼する考えは持ってなく、自然成分至上主義ではない事は一応言っときます。

化学成分でも肌に良い物であれば厭わないんですよ。

 

使い心地

香りは特に甘い香りはしません。

敢えて言うならイケダちゃんどんな気持ちで食ったんだよ!という香りです。

見た目はお中元で貰う様な紅茶ゼリーです(缶に入ってるやつね)

食べませんけど。

f:id:papann555:20170619020232p:plain

泡の画像はありませんが若干茶色い感じで硬さはちょっと緩めです。

ただ石鹸なんで使い勝手は面倒臭いですね。

 液体ソープに慣れていたので尚更そう感じます。

 

ただ使ってみると今まで評価で使った石鹸とは異なり、洗い上がりのサッパリ感が全くありません。

「これが石鹸?」これはちょっとビックリです。

ツッパリ感もないので結構良い感じです。

11日後に期待が持てます。

 

評価への意気込み

前回評価したベビーセバメドがかなり良い結果だったのでちょっと荷が重い感じですが石鹸の巻き返しに期待したいです。

これまで使った石鹸軍は早期退場の2連敗中ですからね。

 

あと補足ですがもう暑くなり始め関東では梅雨に入り、乾燥肌普通にしてりゃ潤うんじゃねーの?

とお思いかもしれませんが安心して下さい。

未だ絶賛乾燥肌中です。

 

では次回11日後の評価結果をレビューします。

良い結果となる事を願います。

 

ではでは。